ページの先頭です

  • HOME
  • 不妊鍼灸について

不妊鍼灸について

優位性の証明

ハリ治療で妊娠率アップ

体外受精の前後に、女性の体をリラックスさせるハリ治療をすると、妊娠率が大幅に向上するという研究結果を、ドイツと中国の研究チームがまとめた。
米生殖医療学会誌に掲載された報告によると、同チームは、体外受精を受ける女性百六十人を二グループに分け、一方には体外受精の際、受精卵を子宮に戻す前後にハリ治療を実施。残りのグループには、ハリ治療をせず通常の体外受精を行った。
その結果、ハリ治療グループの妊娠率は42.5%に上がり、通常治療の26.3%を大幅に上回った。 体外受精の妊娠率は、高くても三割程度とされ、繰り返し治療をうけるカップルの精神的、金銭的な負担が問題になっている。 妊娠率が向上する詳しい理由は分からないが、同学会のサンドラ・カーソン次期会長は、「確実に検証されれば、妊娠率向上に役立つ手法になる可能性がある」と注目している。

(2002年4月30日 読売新聞 夕刊記事より)

【院長所感】

この記事は、医療機関による不妊治療(体外受精)の厳しい現状と、鍼治療の用いることによる可能性を感じ、世界中の不妊で悩むカップルや各関係者に希望を与える結果となりました。
HOMEのページでもお伝えしましたように、古屋市立大学大学院教授の杉浦真弓氏が発表した統計データでは、「35歳で不妊治療をした人のうち、子どもが産まれた割合は16.8%。40歳では8.1% 」
そう考えますと、この 42.5%という結果が画期的であったことがお分かり頂けるでしょう。
この記事の初撃は、まだ鍼灸師さえも志していなかった私の頭のなかにも、しっかりと刻み込まれたいます。

不妊治療の効果「針で」大幅改善

体外受精を5回以上行っても妊娠できなかった不妊症の女性114人にハリ治療を行ったところ、約4割にあたる49人が妊娠に至ったと、名古屋の明生鍼灸院と明治鍼灸大の研究グループが10日、大阪市内で開かれている日本生殖医学会で報告した。
49人のうち4人は自然妊娠だったほか、30人は治療後1回目の体外受精で妊娠に成功したという。不妊治療の専門家が集まる学会で、針治療による効果を示すデータが発表されるのは珍しい。
報告された114人治療実績は、1998年2月
~2006年6月に、同治療院を訪ねた不妊患者のうち体外受精を5回以上行っても妊娠しなかった女性のもので、治療は週1~2回のペースで行われ、腹部や足などにある婦人科疾患に効果があるとされるツボを針で刺激した。

(2006年11月10日 読売新聞 夕刊記事より)

【院長所感】

この記事の最大の着目点は、ここ日本の研究チームによる臨床結果だということだと思います。
先進医療国である日本が東洋医学である鍼灸治療の可能性に歩み寄り、未来の不妊治療への大きな成果となりました。
私の出身国は中国ですが、日本の医療や治療技術の素晴らしいところを沢山見てきました。その探究心や努力は尊敬に値するものがあります。
しかし、しいて短所としてあげるならば、とかく「保守的すぎる点」でしょうか。
新しい技術や可能性を避ける傾向が強いように思います。
築き上げられたものやそこの関わる人を守ろうとするあまり、新しい可能性を潰してしまう…。
しかしこの記事が公表されたことで、不妊治療への新しい可能性への幕開けの鐘が鳴らされたように感じました。
出る杭は打たれますが、出すぎた杭は打たれないと言ったところでしょうか。
そして、一旦進み始めれば、圧倒的な力を発揮できる国。
それが日本の良さの一つだと私は思っています。

鍼治療が体外受精の成功率を上げる

体外受精(IVF)を受けるが同時に鍼(はり)治療を受けると、妊娠の確率が65%高くなることが予備研究によって示され、英国医師会誌「British Medikal Joumal(BMJ)」オンライン版に2月7日掲載された。
全カップルの約10~15%が不妊に悩んでいるといい、体外で受精させた卵を子宮に移植するIVFを選ぶカップルも少なくない。
鍼治療がIVFの成功率を高めるという証拠は、これまでにもいくつか示されていた。
今回の研究は、米メリーランド大学医学部のEric Manheimer氏らが、IVFを受けた女性1366人を対象とする7試験について検討したもの。
いずれの試験も、胚移植から1日以内に鍼治療を受けた女性と、疑似鍼治療(shamacupuncture)を受けた女性または鍼治療を受けなかった女性とを比較していた。
その結果、鍼治療を受けた女性は、そのほかの女性に比べて妊娠する確率が65%高かった。
中略
一方、米国鍼灸学会(AAMA)元会長のMarshall H.Sager博士は今回の結果は驚くにはあたらないず、鍼治療の利用でIVFの成功率を上げてきた自分自身の経験がこの研究によって裏付けられたと述べている。
IVFを受ける女性は、鍼治療により成功率を上げることができると述べている。

(2008年8月7日 イギリス医師会誌「British Medikal Joumal(BMJ)」より)

【院長所感】

この記事では、米国のMarshall H.Sager博士がはっきりと“不妊治療における鍼治療の優位性”を述べています。鍼治療の有無で、妊娠の確立が65%も増すという事実に世界が注目した瞬間でした。
「妊娠成功率65%高」という数字からも、鍼灸による不妊治療の知識や技術が注目されだした初期に対し、飛躍的に高まっているということも読み取れます。
そして今現在、これからもこの治療方法は進化し続け、より多くの不妊に悩む方々を笑顔に変えることだと確信した記事です。

鍼灸が不妊治療に優位であることを示す3カ国の論文発表

デンマーク

273例を研究対象とし、はりを行わない群では22%の妊娠、はり治療群では36%の妊娠率であり、はり治療群に有意に妊娠率が高かった。

ドイツ

225例を対象とした、はりを行わなかった群では13.8%、行った群では28.4%の妊娠率ではり治療群に妊娠率が高かった。

オーストラリア

228例を対象に、HMG(排卵誘発剤)注射時、採卵前、採卵直後にハリを行った。
行わない群では23%、ハリ治療群では31%の妊娠率であり、ハリ治療群に妊娠率は高かった。

(2006年 アメリカ生殖医学学会誌「Fertilty&Sterility」より)

【院長所感】

この様に鍼灸による不妊治療の臨床試験は今もなお世界各国で進行中であり、その可能性はより確実な実績として証明され、不妊治療における鍼灸治療の優位性は誰もが認める揺るぎないものになりつつあります。
もし、不妊症に悩むあなたが諦めかけているならば、この鍼灸による不妊治療をぜひお試し下さい。
私たちは北九州市で最も不妊治療に力を入れている鍼灸院だという想いで日々挑戦しています。
一日も早くあなたのお力になれる日が来ることをお待ちしております。

中国はり

住所 〒807-0825 福岡県北九州市八幡西区折尾1-14-2 アクセス JR折尾駅から徒歩3分

診療時間 10:30~12:30/13:00~18:30 休診日 日曜日

093-603-5089

メールでのご予約、お問い合わせ、簡易カウンセリング

私たちが治療します

よくある質問

治療の流れ

不妊治療に役立つ不妊鍼灸コラム

当院の情報

外観

所在地
〒807-0825
福岡県北九州市八幡西区折尾1-14-2
アクセス
JR折尾駅から徒歩3分
駐車場完備
電話番号
093-603-5089
営業時間
10:30~12:00 / 13:30~18:30
定休日
日曜日

お問い合わせ・簡易カウンセリング